【介護の転職活動】退職や内定の流れは?

【介護の転職活動】退職や内定の流れは?

介護施設で働いているけど諸事情により転職をしたい、という方もおられるでしょう。

転職の経験が少ない方は、どのような流れで転職をしていくのか分からないと思います。

 

・退職してから就職活動をするのか?

・退職する前に新しい就職先を決めておくのか?

 

などの疑問も起こります。

今回は介護・福祉業界における転職活動の流れを紹介して、良い転職先を見つける方法を解説します。これから介護業界で転職したい人は、目を通してみてください。

介護の転職活動の流れ

介護の転職活動についても、他の業界と同じで通常は新しい就職先の内定をもらってから退職手続きをします。

では早速、介護の転職の流れを解説していきます。

働きながら新しい就職先を探す

転職したいと思ったら、まずは新しい職場を探さなければなりません。

仕事をしながらの就職活動となるので負担に感じる場面も多いでしょうが、現在は様々な転職サポートがあります。

したがって、それらのサービスを利用することによって上手く仕事探しを進めていくことが可能です。

介護転職サイト

手軽に登録できるというメリットがある介護の転職サイトはオススメできます。

自分の判断で職場を探すことができるので、周りに流されずに就職活動をすることができるのです。

ただし、先延ばしにする性格の人は登録だけして放置してしまい、いつまで経っても転職活動をしない人も珍しくありません。

 

・自発的に行動ができる

・自分で全てを決めたい

 

というタイプの方が、介護の転職サイトに向いています。

介護転職エージェント

転職エージェントとは、転職活動をサポートしてくれるサービスです。

転職サイトとの違い

・エージェントが仕事を紹介

・面接や志望動機の対策

・相手の施設との交渉

など、エージェントが自分の『秘書』のようになってくれて、様々な面でサポートしてくれます。

自発的に行動ができない方や1人で就職活動をする自信がない方にはオススメできるサービスです。

福祉人材研修センター

地域によって異なりますが、福祉の求人だけを紹介してくれる施設もあります。

ハローワークとは違い社会福祉協議会が運営しているので、福祉に特化した職業安定所と言えるでしょう。

転職サイトや転職エージェントなどネットサービスを利用したくないけど、介護業界に精通した求人紹介で就職したい場合は、福祉人材研修センターはピッタリです。

ただ各地方に設置されているとは限らないので、ご自身のお住まいの社会福祉協議会に聞いてみると良いでしょう。

ハローワーク

ハローワークにも多数の介護施設の求人が掲載されています。

最近は介護の人材不足により、ハローワークの求人が福祉系ばかりという地域もあったりするぐらいです。

田舎の場合は転職サイトや転職エージェントには求人が載っていないこともあるので、ハローワークは重要な求人紹介所です。

事業所に直接問い合わせる

介護事業者に直接問い合わせてみるのも良いでしょう。

求人サイトなどを通してしまうとサイト側に報酬を支払うデメリットがあるので、施設としても直接連絡をくれる方が有り難いという側面もあります。

転職サイトやハローワークに求人を出していなくても、施設のホームページなどで募集していることもあるので確認してみましょう。

福祉施設などで雑な対応はされないでしょうし、直接採用担当と話すことができる可能性もありますので、スムーズに進められるのがメリットです。

面接での注意点

求人に応募したら、次は面接となります。

ポジティブな転職理由を

大前提としてなのですが、転職理由はポジティブな方が良いです。

以前の施設の批判したり、業界に対する悪口を言ったり、する人もおられるようですが、これらのネガティブな転職理由は新しい施設からするとマイナスイメージにしかなりません。

人手不足の施設ならば、そのような人材でも採用してくれるかもしれませんが、人が足りているような施設だと不採用にされてしまうでしょう。

志望動機は具体的に

履歴書に『志望動機』を記載する項目があると思いますが、ここは具体的な事例も含めて書いた方がいいです。

介護業界は基本的に何処の施設も仕事内容に大差はないので、現在働いている職場の具体的な事例を挙げてもらった方が面接官もイメージしやすいです。

ただ具体的と言ってもネガティブな内容はNGです。

 

☓ダメな志望動機

「以前の施設では入浴介助が大変でした。なかなか入浴しない人がいて…。もっと楽な職場で働きたいからこちらを選びました。」

ネガティブな内容ですし、自分本位でありマイナスとなります。

 

○良い志望動機

「以前の施設では、入浴介助を拒否される事例もありましたが、スタッフ同士の工夫によって入浴を楽しんで貰えるようになりました。いつも険しい表情だった利用者が笑顔になってくれて、介護の仕事をやっていて良かったと思えた瞬間です。」

複数の面接を受ける

介護施設の転職活動では、複数の施設の面接を受けた方が良いです。

1つの施設だけしか面接をしないと、不採用となった場合に再び一から転職活動をしないといけなくなり時間ロスが大きくなります。

また複数の施設に応募していると、選ぶ側に回れるので余裕を持って施設選びができるようになるのです。

内定後に退職手続きをする

内定が決まったら退職手続きに入ります。

内定決定後に退職を

内定してから退職希望をすると、できるだけ無職期間を作らずに転職することができます。

現在働いている施設を裏切ったような気持ちになるかもしれませんが、内定後に退職希望をするのは介護業界に限った話ではないので、あまり気にせず進めましょう。

退職の相談と日程調整

いきなり退職届を出すよりも、上司に口頭で相談した方が良いでしょう。

というのも退職届には退職日を書くことになるのですが、管理者がその日程通りに退職させるとなるとシフト調整が大変になります。

なので現在働いている職場のシフトで、できるだけ迷惑のかからないタイミングで辞めた方がいいので、まずは相談してみましょう。

 

また退職する時に施設の批判や悪口は控えるべきです。

もう辞めるのですから、そこの職場での印象を下げるような行為をするのは無駄でしかありません。

納得の行かないことがあっても円満退職をした方がメリットが大きい理由があります。

円満退職した方が良い理由

介護業界は狭いのでトラブルで退職したら、これからその地域での介護キャリアに影響を及ぼしてしまいます。

何年も介護で働いていると以前の職場で同僚だった人と再び一緒に働くことも珍しくありません。

トラブルで退職してしまったら、印象も悪いですから新しい施設でも働きにくくなります。

円満退職しておけば、違う職場で再会したとしても気にせず働くことができますからね。

退職届を提出

退職希望の相談をした後は退職届を提出します。

退職届には基本的な書き方があるので、そのルールに従って書けば問題ありません。

業務の引き継ぎ

介護職員でも何かの担当になっていることもあるでしょうから、それらの業務は引き継いでおく必要があります。

リーダーや管理者など地位が上がるにつれて、引き継ぎ業務は増えていくでしょう。

先に退職してから転職する場合も

先に退職してから転職活動をされる方もいます。

 

①転職活動⇒内定⇒退職届

という流れが一般的なのですが、

②退職届⇒退職⇒転職活動

という流れを取る方もいます。

 

それぞれメリット・デメリットがあるので紹介します。

在職中に転職活動する場合のメリット・デメリット

○メリット

・無職期間を調整できる(無職期間なしも可能)

・差し迫っていないので余裕を持って職場を選べる

 

☓デメリット

・忙しいので転職活動に集中できない

 

退職後に転職活動するメリット・デメリット

○メリット

・仕事をしていないので転職活動に集中できる

・無職期間に資格取得の学校などに通える

 

☓デメリット

・無職期間が長いとマイナス評価

・無職に慣れて就職するのが面倒になる可能性も…

無職期間には注意

無職期間は怠け癖が付いてしまう可能性があるので注意が必要です。

介護職に限らず、正社員から無職になってしまうと開放感があるので無職が楽しくて仕方がないように感じてしまいます。

毎日を夏休みのように、のんびり過ごしたい気持ちも分からなくはないですが、無職が長く続いてしまうと怠惰な生活に慣れてしまって就職するのが億劫になる方もいます。

すぐに再就職するつもりだったのに2年もニートをしてしまった人なども居るので、無職期間を長く取るのは危険です。

また無職期間は就職面でもマイナス評価となってしまうので、できるだけ短い方が良いでしょう。

退職トラブルを避けた方が良い理由

退職時にトラブルになってしまうこともあるかもしれませんが、大きな揉め事を起こしてしまうと後で面倒な事態に発展しまいかねません。

介護業界の狭さ

介護の世界は狭いと言いましたが、これは都会でも田舎でも同じです。

10年も同じ街で介護職をやっていれば、他の職場の管理者などの顔は知っていたりします。

私は大阪と京都で介護の仕事をしていたことがありましたが、「○○の施設長は昔は病院で一緒に働いていた」「○○の管理者は、この辺では有名人」というような噂話を何度も耳にしました。

恐らく東京ぐらい都会じゃないと、介護業界の狭さは脱出できないでしょう。

 

例をあげると10年以上前に介護施設の職場恋愛で付き合っていた元カノの旦那が転職先のグループホームで副施設長をしていた、という知人の話があります。

当時は元カノは18歳だったそうで、数年だけ付き合っていたそうですが、その後に別れて転職先の副施設長と結婚されました。

副施設長は知人が元彼だと知った途端に嫉妬の対象とされてしまって、色々と意地悪をされたそうです…。

業界が狭いと、こういう面倒事も起こる可能性があるので、なかなか大変な世界です。

以前の職場の知り合いが居るのが怖いのなら、別の市や県で就職しても良いかもしれませんね。

まとめ

介護の転職活動も基本的には他の業種と違いはありません。

在職中に転職活動をするのが一般的で、転職エージェントなどのサポートを受ければ忙しくても面接に行けます。

退職後に転職活動をする人は怠け過ぎないように気をつけてくださいね。

介護業界は人手不足なので、経歴が悪くなければ他業種に比べて内定を貰える可能性が高いです。

したがって、必要以上に内気にならず前向きに転職活動に取り組むといいでしょう。